未分類/便秘【セミパーソナルジム恵比寿・代官山】

便秘【セミパーソナルジム恵比寿・代官山】

こんにちは!トレーナーのSHINこと板垣真太朗です。

先週、私の大好きな競馬界で嬉しいニュースがありました。
なんと!デアリングタクト号が中央競馬史上初となる無敗での牝馬三冠を達成しました!

今週はディープインパクトの仔「コントレイル」が菊花賞で無敗3冠を狙います。
同時期に名馬が2頭現れるのは奇跡のような事だと思っております!

スポーツの秋!
今後も目が離せませんね!

もちろん見るのも良いですが、自身で身体を動かすのも良いですよね!
というわけで、私たちと一緒にトレーニングを再スタートしませんか?

 

 

 

 

 

トレーニングパーク

トレーニングパークでは、ボディメイクやダイエット、体力をつけたいお客様に
合わせたプログラムをご用意しております。
また初心者からトレーニング経験者までご満足頂けるようにレベルも調整できますので
ご安心頂ければと思います!
また体験トレーニングが無料キャンペーンも行なっております!

ご興味がございましたら、是非一度HPをご覧になってください。

 

URLはこちら: https://training-park.jp

 

 

 

 

 

便秘

それではトレーニングパークのご紹介をしたところで、本題に参りたいと思います。
今回のテーマは先週に引き続き「便秘」についてです。

前回は機能性便秘についてお話をさせて頂きましたので、この続きです。

 

2.  便の通過が物理的に妨げられる「器質性便秘」

大腸がんや手術後の癒着、炎症性疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)などのために大腸の中を便がスムーズ に通過できずに起こる便秘です。

このタイプの便秘では、まず元の病気を治すことが基本です 。

 

 

3 . 全身の病気の症状として起こる「症候性便秘」

甲状腺機能低下症や副甲状腺機能亢進症では大腸のぜん動運動が弱くなり、便秘がちになります。
いずれも女性に多い病気です。

女性の場合、病気とは別ですが生理や妊娠中にホルモンの影響で便秘になりやすくなります。
このほか神経損傷や糖尿病の合併症などで、神経の働きが不調になった場合もこのタイプの便秘が起こります。

 

 

4 . 別の病気の薬の副作用で起こる「薬剤性便秘」
抗うつ薬、抗コリン薬(ぜん息や頻尿、パーキンソン病などの薬)、せき止めなどは、大腸のぜん動運動を抑えるので副作用で便秘になることがあります。

 

 

いかがだったでしょうか?

私たちは一瞬ではなく、一生モノの身体づくりをテーマにお客様のトレーニングをサポートさせて頂いております。

そのためには短期間ではなく、無理のない頻度で長期的にトレーニングを続ける事が大切です。
トレーニングが初めてで何から初めて良いか分からない方は、是非1度トレーニングパークに足を運んで頂ければと思います!

このブログをご覧になって頂いた方と一緒にトレーニングできる日を心よりお待ちしております。

 

トレーニングパーク
SHIN

 

引用
日本臨床内科医会 「わかりやすい病気のはなしシリーズ49 便秘」 P3〜5


恵比寿・代官山で
エンタメ×パーソナルトレーニング=習慣化!

トレーニングパーク
Produced by Dr.Training

所在地  / 東京都渋谷区恵比寿西1-30-14 エコー代官山B1
電話番号 / 03-5422-3901
営業時間 / 7:00~22:00 ※不定休
最寄り駅 / 恵比寿駅 徒歩4分・代官山駅 徒歩3分

>トレーニングパークのご予約はこちら(24時間受付)
>恵比寿・代官山でエンタメ×トレーニング TOP