未分類/体の仕組みパート2(梅雨にも負けない体づくり)

体の仕組みパート2(梅雨にも負けない体づくり)

こんにちは!!

HARUNAです!!

雨の日はかわいい傘で毎日TRAININGPARKまで来ております!

もちろんマスクを着用で!!写真を取るため外しております!!

今日は筋肉についてお話しします。

前回軽くお話ししましたが、今回はがっつり筋肉の仕組みについてお話ししようと思います。

みなさんは重いものを持つときや体を鍛えるとき、体はどのように体が使われているか、またどんな筋肉の形の種類をしているかについてご存知ですか?

どんな風についていて、どんな時にトレーニングに効いているかみてみましょう!

Let’sgo!!

筋肉とは??

筋肉とは筋肉の中に筋繊維が入っていて、だいたい髪の毛の太さ程度しかありません。

筋繊維には筋外膜という膜がありその中に筋繊維束という筋肉の繊維の束があります。

その中に筋内膜があり筋形質があります。そして、筋原繊維がありその中に筋フィラメントがありその中でアクチンフィラメントという細い繊維とミオシンフィラメント太い繊維があります。これが協力することによって筋肉が初めて動きます。

 

筋肉の種類

筋肉の種類は3種類のタイプに分かれており、タイプⅠという有酸素に特化した繊維です。なのでマラソンランナーに多い繊維になります。よく赤い筋肉と言われていて、赤筋と言われています。

タイプⅡaの繊維では有酸素や無酸素両方を得意とした繊維です。競技種目としては400mや800mちなみにトラックを一周か二周するぐらいですよ!!

よく自分でも走っていたと思います!!

(ちなみにHARUNAの体の筋繊維はこれに当たります!!)

最後にタイプⅡX(かっこいい名前ですが)は無酸素に特化した繊維です。特に100mやオリンピックウェイトリフティングの選手はこれになります。

このように体は動かされています。自分のタイプについて調べてみるのも一つの方法です!!

筋肉の形

そして筋肉は体についてます。どんな形をしていてどんな名前がついているか知ってますか?

 

だいたい6種類に分けられています。

一つ目は放射状筋と言ってよくお尻の中の方にある中臀筋が例えられます

二つ目は多腹筋と言ってお腹の真ん中そうですシックスパックと言われる腹直筋と言われる筋肉についています。

三つ目は紡錘状筋と言って上腕二頭筋にある筋肉の形になります。

四つ目は鋸状筋と言って三角筋の筋肉の形になります

五つ目は半羽状筋と言って前脛骨筋についています。

六つ目は羽状筋と言って大腿直筋についています。

 

また羽状筋は筋肉の発揮に優れているため、角度が大きくなるほど発揮されますが怪我しやすいです。

 

筋肉は動いてます?!

最後に筋肉の活動しやすいように伸び縮みします。

トレーニングには筋肉の活動様式があってそれに合わせて収縮します。

それは三つあります。

一つ目は短縮性収縮です。

アームカールで腕を曲げた状態を指します。

二つ目は等尺性収縮です。

手を合わせて動かない状態を指します

三つ目は伸長性収縮です。

スクワットで座る姿勢を取った時、ハムストリングス(後ろ腿)が伸びた時に力が加わる姿勢で行います。

その時に後ろの腿が伸ばされる時に起こります!

このようにトレーニングをするためにはどんな感じで収縮しているのかどんな効果があるのかを感じていただきながらお体の変化に気付いていただければと思います。

 

以上HARUNAでした!!

 


恵比寿・代官山で
エンタメ×パーソナルトレーニング=習慣化!

トレーニングパーク
Produced by Dr.Training

所在地  / 東京都渋谷区恵比寿西1-30-14 エコー代官山B1
電話番号 / 03-5422-3901
営業時間 / 7:00~22:00 ※不定休
最寄り駅 / 恵比寿駅 徒歩4分・代官山駅 徒歩3分

>トレーニングパークのご予約はこちら(24時間受付)
>恵比寿・代官山でエンタメ×トレーニング TOP